大根

先日、お客様から大根を頂きました。
お客様が大切に育てた大根。
この野菜が高い時期に大変有難いです。

その大根をサラダにして頂いたのですが、大根を食べた後のオシッコって、大根臭くありません?
調べたらこれ、「イソチオシアネート」っていう成分なんですって。

しかも「ガン予防」に効果があるとか、「殺菌作用がある」とか・・・。
刺身のツマで大根が添えられてるのは、その理由だったのですね。

中医学的に大根は、「肺」に良い食べ物とされております。
「白くて少し辛味のある食べ物」が、肺に良いとされておりまして、アレルギー性の鼻炎や皮膚炎、喘息、気管支が弱い、便秘、むくみ、などの症状がある方は食すと良いとされております。

因みに私は鼻炎ですが、鼻炎は「肺と腎の衰え」が原因とされております。
特に「呼気は肺」「吸気は腎」とされ、私は吐き出す力が弱いので、特に肺の方が弱いようです。

肺は、キレイな空気(精気)を吸って、身体を巡って汚れた空気(濁気)を出すことにより、身体を正常に保っています。
この働きが失調すると様々な症状が出てきます。

「皮膚」も、中医学では肺に属しまして、肺の弱い私は、寒い季節になると肌が痒くなり、掻くと湿疹が出来たりします。

呼気が弱い私は皮膚呼吸も同じく、毛穴から濁気を吐き出す力が弱いので、吐き出せない濁気が皮下で溜まり、湿気となって「かゆみ」として表れ、掻くことによって皮下から湿気を出そうとして、湿疹になります。

しかし、これはまだ病状が浅いので、身体の表面に表れますが、病状が深くなると「喘息」などの病気に変わります。
鼻炎や湿疹で済んでるうちは、まだマシなのです。

「大腸」は、肺と主従関係にあり、肺が悪いと大腸に影響が出ることがあります。
以前、私は酷い便秘でしたが、現在は治りました。が、体質的に便秘になりやすい傾向にあります。

肺が弱い人は、「背中の上部の毛が濃い」傾向にあります。
私は、小さい頃から「うなじから背中」にかけての毛が濃く、床屋のおじさんに「お嬢ちゃん毛深いねぇ~~」と言われたことがあります。

そして私の母は、喘息でリウマチです。腎臓も一つ摘出しています。
母の母も、若くして腎臓の病で亡くなったそうです。

生まれ持っての「肺と腎の弱い家系」のようです。
無防備に生きていたら、私もそうなっていたかもしれません。
大根食べて、養生しようっと!!

色白で、背中が毛深く(もしくは胸毛がある)、便秘がちで、湿疹が出やすく、鼻炎や鼻詰まりがあり、鼻や頬に吹き出物が出来やすく、咳や痰がよく出る人は、肺が弱いということになります。

大根の他に、肺を滋養する食べ物は、りんご、じゃがいも、キャベツ、玉葱、梨、ネギ、ニンニク、白ごまなどで~す。
思い当たる方は、是非とも積極的に食べましょう~~~♪



スポンサーサイト

今日の戯言

寒いの苦手な小川(妻)でございます。
寒いので、出不精に磨きがかかっております。
もう「ゴミ捨て」も外出にカウントしようかと思っております。

さて、溺愛するインコのチィーちゃんの最近の様子ですが、この寒さで暖房をガンガンにかけているので、春が来たと勘違いをしたのか、発情しております。

今年に入って4個目の卵を産みました。

しかも、最近は「鳥に興味が出てきた」ようで、鏡に映る自分に、一生懸命おしゃべりしております。
今までは、私かTVのリモコンが発情対象でしたので、鏡に発情することはなかったのですが、鏡の自分に恋情を抱くようになってからは、めっきり私の所に来なくなってしまいました。

う~。悲しい・・・。
今では「お煎餅」を食べてる時しか、肩に飛んできてくれません。

しか~し!発情を抑制するという名目で、鏡を布でカバーしてしまいました。
今のところ卵は産んでませんが、このまま発情期が終わってくれたらいいのにな。

そして、また私にしつこく付きまとってほしいと思う、今日この頃です。

今年もよろしくお願いいたします。

歳女の小川(妻)でございます。
こう見えて戌年のアタシ・・・。
全然、従順じゃないけど戌年・・・。

歳を取るのって、若い頃は凄く嫌でしたが、私の場合は40を過ぎた頃からの方が生きていて楽しくなったといいますか、楽に生きられるようになりました。

若い頃は、楽しいこともありましたし、好き勝手に生きてましたが、精神的にツライと思うことが多かったように思います。それは勿論、自分自身の未熟さ故のこともあるのですが、その未熟さ自体が「若さ」ということでして、狭い考えの中で、自らの首を絞めるように暮らしていたように思います。

世間から「オバさん」といわれる年代になり、神経が太くなったと申しますか、図々しくなったので、
「嫌われてもいい。無理しないで生きよう」というスタンスに変わり、精神的にすごく楽になりました。
これが正しいのかは不明ですが(笑)。


さて、妙蓮もおかげ様で、2018年を迎えることが出来ました。
本当に有り難いことでございます。

そして、新年早々のブログに、こんな事を載せるのはどうかと、一応迷ってはみましたが、「オバさん」の小川(妻)、神経が図太いので、書いちゃいます。

実は年末から、ちょっと「切れ痔」っぽかった小川(妻)。
恐らく原因は、水戸先生(お察しください)を、ナイロンタオルでゴシゴシ洗い、乾燥させてしまったのだと思います。

ウ○コの度に、水戸先生から「痛いぞ!」という報告がありましたが、「2、3日したら黙るだろう」と、放置した次第でございます。

しかし、数日経って黙るどころか、無視できないレベルになりつつあったので、一応、「ユースキン」を塗ってみました。が、やはり変わらず、「そうか!酵素試そう!」と、風呂上りに水戸先生に酵素を塗ってみた次第でございます。すると何ということでしょう!たった2回塗っただけで、完治してしまいました。

症状が軽かったのもありますが、酵素で切れ痔が治りました。
めでたし、めでたし。


それと、もっと凄いお話。

先日、お客様が、片目を腫らしたハムスターを連れていらっしゃいました。
ペットショップで見かけて、売って欲しいと言ったら、「売り物にならないから、タダであげる」と、言われたそうです。
でも律儀に購入されたそうですが、左目が赤く腫れて、目をつぶったままの状態でした。

これには、恐らく「海の精」という、酵素を作る時の液体が効くかも!と、思った小川(妻)。
早速少しお分けして、この液体を目薬のように試して頂いた次第でございます。

そして、そのお客が、20日後にご来店頂いた時には、すっかり治っていたではありませんか!!
これには私もビックリでございます!

お客様曰く、海の精を塗ったら、目の周りの毛が全部抜けて、それから新しい毛が生えてきて、目が開いて治ってしまったと言うではありませんか!! 凄い!! そして嬉しい!!

ずっと目をつぶっていたせいか、少し目が小さくなっていて、あまり見えていないようにも思えるのですが、何しろ見た目は完全にキレイになりました。これからも続けていけば、もっと良くなる可能性もあると思います。

ああ、ビフォーアフターの写真を撮っておくべきでした。
いつも後悔。でも、めだたし、めでたし。

今年も、そんな妙蓮を、よろしくお願いいたします!!










年末年始の休み

早いもので、今年も後、1ケ月を切りました。
皆様におかれましては、今年はどんな年でしたでしょうか?

おかげ様で、当サロン妙蓮も、今年も特に変わりなく過ごして参りました。
この、「特に変わらない」ということが、どれだけ平和で幸せなことか、歳を取るほどに実感する次第でございます。

さて、年末年始でございますが、31日から3日までを休み とさせて頂きます。

仕事の追い込み、大掃除などのお疲れ、「今年の疲れ、今年のうちに」で、ございます。
スッキリと、新年を迎えるお手伝いをさせて頂けたらと思います。

中医学的に考えるホットフラッシュ

どうも、アラフィフの小川(妻)です。
今年で47歳になりました。
図々しいもので、精神年齢は20代そこらで、成長していない気がします。

さて、菜食主義になってから、生理周期が狂わなかった小川(妻)。
毎月、律儀に28日周期で来ておりました。

が、ここ最近、予定より早く生理が来るようになりました。
「むむ・・・。いよいよか?」と思う小川(妻)。

24日周期くらいで来て、3,4日で終わってしまう感じ。
かと思えば28日で来る月もあり・・・。

中国の医書、素問には「14歳で生理が始まり、49歳で閉経する」とあります。
が、現代では食事情の変化などから、14歳より早く来て、49歳以上になっても閉経しない方も多いようです。
中医学的に考えると、それはあまりよろしくないことらしい・・・。

特に早く生理が始まるのは、よろしくないようでして、「不必要な栄養の取り過ぎ」かもしれません。年頃のお嬢さんをお持ちのお母さんは、食べ物に注意してあげる必要があるかもしれません。

さて、閉経というと、気になってくるのが、「更年期障害」でして、よくある症状が「ホットフラッシュ」というもの。
急に熱くなって、大量の汗がダラダラと・・・。
皆さん、それを気にされてホルモン治療をなさる方も多いようです。

確かに、人前で自分だけダラダラと汗を流しているのは恥かしいですが、中医学的観点からすると、その症状は、ひとつの「自己防衛反応」である。と、先生に教わりました。

更年期の頃は、ちょうど「人生折り返し地点」とでも言いますか、「人生の残り半分の時期」と言えます。
その残り半分の人生を、少しでも元気に過ごそうとする、人体の自然な排毒反応として、内臓に溜まった熱を「汗として放出させている」と、考えられます。中医学では「内熱」と言って、内臓に熱が溜まると、様々な症状が出て、病気の根源になると考えられています。

物質は、極まると真逆の性質に転化します。
例えば、火山にあるマグマは熱く、ドロドロした物体ですが、そのマグマの熱が極まると火山が噴火し、マグマが流れ出ます。
そのマグマも時間が経つと冷えて固まり、黒くて硬い岩に転化します。

内臓の細胞も、働き過ぎると熱を帯び(内熱)、その熱は、熱の性質で上に上がり(風呂のお湯は上が熱い)、頭痛や肩こりを起こします。
中学生くらいだと、頬や額にニキビが出来ますが、これもその自己防衛反応でして、顔に上がった熱を、ニキビとして皮膚から放出させて身体を守っているのです。

大人になると、熱を上に上げるエネルギーが減るので、胸の間や背中に吹き出物が出来たりします。
もっと年を取ると、皮膚から熱を放出させることすら出来なくなり、細胞の熱はそのままそこで冷えて固まってしまう。
「それが癌である」と・・・。癌にならないまでも、腫瘍やポリープで済む場合もありますが。

皮膚に出来物ができて、内臓にできないことはないのですね。

このように、内熱というのは、結構厄介なので、なるべく溜まらないように食事や生活習慣で気をつけるべきですが、溜まっている人が多いのも事実。

そこで、更年期にホットフラッシュを起こして、内熱の一斉放出が起きる訳です。
身体の大掃除とでもいいましょうか。
ですので、悪いどころか、本当は感謝してもいい現象なのですね。

身体に起こる全ての現象は、訳があって起きている。のですね。

かといって、ホットフラッシュも厄介だし、それが起きるということは、それだけ内熱が溜まっている証拠ですから、それなりの対処が必要になります。

長くなりましたので、今回はここまで。





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR