小川(妻)の、自己満足な随筆

わたくし小川(妻)は、バブル世代でして、青春時代を思い出し、たまに「ユーロビート」なるものを聞いてしまうという、恥かしい一面があるのですが、それで気づいたことが一つ・・・。

うちのインコの♡ちぃちゃん♡は、「デッド・オア・アライブ」と「リック・アストリー」の曲が好きらしいということ・・・。
ノリノリで一緒に歌っています・・・。

親に似たのかしら・・・。



さて今回は、「小川(妻)の自己満足な随筆」でございます。


では、ここに今から、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくりますので、あくまでも私の随筆と思って、読み流して頂ければと思います。





さて、私は昨年末ごろ、入浴中に右胸の乳輪下辺りに、シコリと痛みを感じたのでございます。

「あら、なにかしら」・・・。

巷では乳癌検診ブームが巻き起こる中、私は呑気に、こう思うのでございます。

「痛みがあるのは癌ではなく乳腺炎。しかも生理前だから胸が張るのは当然。それにこれだけシコリがデカければ、癌であった場合、とうに死んでいるレベル・・・。」

そんなことを考えながら風呂を出て、しまむらで買ったパンツを履きながら思うのでございます。

「あぁ、40をとうに過ぎているのに、こんなシマシマのパンツを履いたまま急死したら恥かしい・・・。以前お客様と『パンツに責任を持とう!』というお話をしたばかりなのに・・・。」

と、そのままパンツ一枚でリビングへと向かうと、おもむろに「琉球温熱器」を用意するのでございます。

「これでどうにかしよっと」・・・。

私は、その温熱器に電源を入れ、温まるまで数分待つのでございます。

「女性は妊娠に関わらず、常に乳汁を作っている。作られた乳汁は乳房に溜まり、月に一度、心臓をポンプにして子宮へと流れ、生理の経血へと転化する。だから女性は生理前に胸が張り、生理が始まるとそれが治まる。

しかし、経血の出が悪かったり、生理不順で生理が来ない場合、乳房に溜まった乳汁は古くなって腐り、乳癌へと変化する。」

私は、ある中医学の先生の言葉を思い出しておりました。

「恐らく乳汁が溜まっているのだろう。もうすぐ来る生理の時に全部流れ出るように、このシコリを温熱で溶かしてしまおう。」

そう言って温熱器を右胸に当てるのでございます。
しばらく当ててますと、右胸のシコリのある部分だけ、凄ましく熱いのでございます。

「あぁ!アッチィーーー!!」 堪らぬ熱さに発狂寸前でございますが、やはりここに病変があるようなので、我慢して当て続けるのでございます。

その様子ったら、なんとも滑稽で、人が見たら爆笑間違いナシなのでございます。 


「閉経後の乳汁は、子宮ではなく大腸へと流れる。この時、便秘であれば行き場を失くした乳汁は全身を彷徨い、他の臓器に流れて溜まり、古くなって腐れば、また癌となる。よって女性の便秘は放っておいてはいけない。」

そんな先生のお話を思い出しながら、一人リビングでパンツ一枚の私は、熱さと戦いながら心に誓うのでございます。

「いつか来る閉経の前に、便秘には気をつけよう」と・・・。


私は1度だけ、乳癌検診を受けたことがございます。
会社の健康診断で、エコーで診てもらいました。しかし・・・。


「胸を潰すようなことや、針を挿入して細胞を検査するようなことで、乳腺を傷つけてはならない。傷ついた乳房や乳腺は、その部分が袋のような状態になり、乳汁が溜まりやすく、乳癌のリスクを高める。」


私は、先生の話を思い出し、エコーにしてよかったと思うのでございます。


「本来、乳癌はすぐに死ぬ病気ではない。放っておいても15年は生きる。しかもその間の生活のクオリティーは、健康な時と、さほど変わらない。しかし治療によっては、5年後の生存率50%で、治療の副作用で生活のクオリティーは下がり、物凄く苦しい。

乳癌は痛くない。シコリが破裂して膿が出ても痛くない。漢方や鍼治療で改善させることもできる。本来、中医学は病気にならない為の予防医学。病気になってしまった場合の運命は、神様の領域。」

そんな話を思いながら、セルフ温熱を続ける・・・。


「しかし、早期に発見して、命が助かる人もいる。ただ、その後はどうなのか。『再発』や『転移』という言葉に、少なくとも気を揉むのではないだろうか。 恐らく私は、もし癌であったとしても、切ったり浴びたりする治療は受けないだろう。もう46年生きた。早死にしたい訳ではないが、長生きしたい訳でもない。苦しく、痛い思いや辛い思いはしたくない。なぜなら私は、筋金入りの根性なしで、辛い治療には耐えられないからだ。」


と、自分の性格を考える。なるべく楽しく生きていたい。愛する者たちとの別れはツライが、運がよければ天国でまた会えると信じている。死ぬのは自然なこと。悲しいけど、決して悪いことではない。


そんなこんなで、温熱治療を終え、数年前にユニクロで買ったヨレヨレのパジャマに着替える。
白湯を飲みながら、また思いに耽る。


「積極的に健康診断を受け、早期発見に努めるのも一つの生き方。それを否定しているのではない。しかし私は、出来る限り病気にならないように努め、自分でどうにか出来そうな症状なら、改善するか試してみたい。

人の価値観は様々だ。これが正しいなどの正解はない。全て自己責任だ。
今回の温熱療法も、病気にならない為の予防。といって病気になったら笑い話だが、それも私の人生なのだろう。寿命と思って受け入れよう。でも、せめてちぃちゃんが生きている間は生きていたいなぁ・・・。」


そして、数日後に生理を迎える。
いつになく、経血の量が多く長い・・・。

最近、生理の期間が短かったが、若い頃のように1週間くらいかけて終わった。

「きっと乳房に溜まった古い乳汁が出たからだろう」と、ほくそ笑む・・・。
そして今、右胸のシコリも痛みもない・・・。

私は今日も、ちぃちゃんのニオイを嗅いで、このたわいもない幸せをかみしめるのであった・・・。


<おわり>





と、いうことで、妙蓮の裏メニューのご紹介を致します。(笑)
紹介する時点で、裏なのか疑問もありますが、このブログを読んで興味を持った方にお知らせです。



<温熱療法メニュー>

60分 4000円 、40分3000円。フェイシャルコースと同じく、他のメニューと合わせると500円引きでございます。


是非、温熱ドームに入ってから、受けて頂くことをおススメします。
熱の入り方が、全然違います。
特に寒い時期は、身体が冷えているので、効果的に熱を入れることが出来ます。

詳しくはお問い合わせください。







スポンサーサイト

今月も引き続き!!




インフルエンザ、流行り出したようです。
みなさま、うがい手洗い忘れずに・・・。

そして、予防接種より葛根湯を!! 罹ってしまったら麻黄湯を!!
相変わらず漢方信者の小川(妻)でございますが、今月のキャンペーンのお知らせでございます。


今月も冷え対策といたしまして、先月に引き続き

下腹部カッピング+全身アロマ+足ツボ=¥9500を実施致します。通常より1000円お得!! 


冷え対策キャンペーンは3月くらいまで続けようかと思っております。
メニューの変更もあるかと思いますので、今後もよろしくお願い申し上げます。


その他、 足ツボをオプションで付けて頂いた方には、温熱ドームを施術中に下半身のみサービスさせて頂きます♪

他のサービスと併用不可でございますが、詳しい内容はお電話でお問い合わせください!!






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR