妙蓮風アンチエイジング



チィちゃんを目の中に入れても、痛くないかもしれない小川(妻)です。
試しに入れてみようかと思いますが、チィちゃんが可哀想なのでやめときます。

さて、毎日テレビやネットなどで「サプリメント」の広告を目にしますが、あれってどうなんでしょうね?
本当に効果があるのか、甚だ疑問でございますが、私の中医学の師匠によれば、「サプリメントも肝臓を傷める」と仰います。

実際にサプリメントの飲み過ぎで、薬物性肝硬変になった方もいらっしゃるようで、個人的に魅力を感じないのですが、やたらと広告してますよね。

皆さん真面目だから、これ程の宣伝をされると、「飲まなくてはいけないのでは?」なんて気になる方もいらっしゃると思います。
飲んで効果を感じていたり、変化があったなら嬉しいのですが、よくわからないで飲んでいる方も多いのではないでしょうか・・・。

サプリメントは薬ではないので、目に見える効果がなくて当然という考えなのでしょうか・・・。

さてそんな中、「アンチエイジング系」のサプリは女性にとって気になる存在だと思います。

が、妙蓮風のアンチエイジングは、サプリに頼らず「腎を滋養すること」によって、「老化を緩やかにしよう」という考えでございます。


中医学的に「腎」は、生殖や発育、老化などに関係があり、「腎」が衰えると、老化現象が出ると考えられております。

いつまでも若々しくいたいならば、「腎」を労わることです。
それには、黒い食べ物や、粘りのある物を食べるといいと言われております。


詳しくは、以前のブログで「腎」についての記事がありますので、そちらを参考になさってください。

冬は腎の季節
腎の滋養


この記事の中で、黒ゴマ豆乳ドリンクの話が出ていますが、最近は面倒で、直に黒練りゴマを食べているあたくし・・・。

口の中で、練りごまがモホモホしちゃって苦しいのですが、スプーン1杯を朝晩と、2回くらい食べています。甘い飲み物を飲みながら食べるといいかも。

サプリではなく「腎」を滋養することが、妙蓮風のアンチエイジングでございます。

お試しあれ・・・。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR