小川(妻)、生ヨイトマケにチビる・・・。




先日、義母と二人で「美輪明宏 ロマンティック音楽会」に行って参りました、小川(妻)でございます。

以前から一度は行ってみたいと思っており、ようやく念願叶った次第でございます。
81歳とは思えないパワフルな歌声と、只者ではないオーラを放った美輪氏・・・。

龍神、天狗、稲荷、美輪・・・、と並べても違和感ないというか、「本当にこの世の者ですか?」と聞きたくなる存在でございます。

もう「音楽会」なんて言葉では表現しきれない、「美輪劇場」というか、歌なのに劇であり、学びであり、真のエンターテイナーというか、こんな言葉では表現しきれない凄味があり、本当に楽しませて頂きました。

地方だろうと一切手を抜かない、本当の本物のプロというか、やはり化け物としか思えない81歳の美輪氏・・・。

「20分歩いて筋肉痛」とか言ってる自分を恥ずべきだと痛感する小川(妻)なのでありました。





スポンサーサイト

今日の戯言・・・。

こんにちは。小川(妻)でございます。

早いもので、姪を預かって4ケ月程が経ちました。
まだ15歳で受験のストレスって可哀想なのかもしれませんが、大人になれば夫の事、子育ての事、舅姑の事、仕事の事、ローンの事、老後の事など、ストレスの種類が豊富になるので、今からストレスに馴染んでおくのは必要なことと思っております。

先日、TVを見ていて、姪に「こういう女には育ってほしくない」と思うことがありました。
もちろん私は親ではありませんが、親目線で考えることが増えている今日この頃でございます。

非常にくだらないことではございますが、小川(妻)的には、得意料理に「肉じゃが」と答えるような女にだけは育ってほしくないのです。
(注:あくまでも個人的な意見です。)

深夜番組で、ハーフモデルが、「和食ばかりで洋食が全然作れない」と・・・。
恐らく男性ウケを狙っての発言と受け取った、意地の悪いオバさんの小川(妻)は、「男なんて、カレーかラーメン食わせときゃ喜ぶんじゃねーの?」と、これまた物凄い偏見で世の男性を見ていることがバレた小川(妻)でございますが、とにかく、得意料理に「肉じゃが」を選び、それを公言するような感覚の女性には育ってほしくないのです。
(注:あくまでも個人的な意見です。)

理由を書くと、ややこしいことになるので避けます・・・。

まぁ、うちの姪は、カップラーメンを料理にカウントする感覚の女性なので(こっちの方が問題)、いらない心配なのですが、男に媚びるような女になってほしくないというか、媚びるならもっとセンスの良い媚び方が出来る女になってほしいと思います。
(注:あくまでも個人的な意見です。)





秋ですが・・・。

またまた久しぶりのブログになってしまいました。

前回は、うちの姪が登場致しまして、初めて小川(妻)以外の( )が使えました。

しかし、中学三年生ともなりますと、扱いにくい年頃といいますか、思春期真っ只中でございますよね?
でも、自分が姪と同じ年の頃は、もっと尖っていたというか、大人びたことに憧れていたように思うので、今時の子は素直というか、子供というか、私達の頃とは違うんだなぁと、つくづく感じる次第でございます。

今時の子は、盗んだバイクで走り出したり、夜の校舎の窓ガラスを壊して回ったりすることはないのでしょう。
「え~、かったるいし・・・。」とか言って、スマホでツイッターしてそう・・・。

と、いうことで(何が?)、現在うちでは姪を期間限定で預かっております。
受験を控えているので、塾にサボらずに行かせるのが、小川(妻)の主な仕事でございます。

今までしたこともない、靴下を手洗いしてから洗濯したりしてますが、なんで子供の靴下ってあんなに汚れるのですかね?
靴を新しくして、上履きも洗ったのに、手洗いしないと落ちない汚れ・・・。
中学生の靴下こそ、黒とか紺にしてほしいですよ。

で、中学の校則って、なんなんですかね?
寒いからセーターを着て行けと言ったら、セーターは中に着なきゃいけないとか?・・・。
学校指定のものなのに、制服の中にって、「はぁ?チクチクすんじゃん、この時期のセーターはアウターだろオイ?」と思う小川(妻)・・・。

やはり尾崎世代なのでありました。

















検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR