FC2ブログ

中医学的に考えるホットフラッシュ

どうも、アラフィフの小川(妻)です。
今年で47歳になりました。
図々しいもので、精神年齢は20代そこらで、成長していない気がします。

さて、菜食主義になってから、生理周期が狂わなかった小川(妻)。
毎月、律儀に28日周期で来ておりました。

が、ここ最近、予定より早く生理が来るようになりました。
「むむ・・・。いよいよか?」と思う小川(妻)。

24日周期くらいで来て、3,4日で終わってしまう感じ。
かと思えば28日で来る月もあり・・・。

中国の医書、素問には「14歳で生理が始まり、49歳で閉経する」とあります。
が、現代では食事情の変化などから、14歳より早く来て、49歳以上になっても閉経しない方も多いようです。
中医学的に考えると、それはあまりよろしくないことらしい・・・。

特に早く生理が始まるのは、よろしくないようでして、「不必要な栄養の取り過ぎ」かもしれません。年頃のお嬢さんをお持ちのお母さんは、食べ物に注意してあげる必要があるかもしれません。

さて、閉経というと、気になってくるのが、「更年期障害」でして、よくある症状が「ホットフラッシュ」というもの。
急に熱くなって、大量の汗がダラダラと・・・。
皆さん、それを気にされてホルモン治療をなさる方も多いようです。

確かに、人前で自分だけダラダラと汗を流しているのは恥かしいですが、中医学的観点からすると、その症状は、ひとつの「自己防衛反応」である。と、先生に教わりました。

更年期の頃は、ちょうど「人生折り返し地点」とでも言いますか、「人生の残り半分の時期」と言えます。
その残り半分の人生を、少しでも元気に過ごそうとする、人体の自然な排毒反応として、内臓に溜まった熱を「汗として放出させている」と、考えられます。中医学では「内熱」と言って、内臓に熱が溜まると、様々な症状が出て、病気の根源になると考えられています。

物質は、極まると真逆の性質に転化します。
例えば、火山にあるマグマは熱く、ドロドロした物体ですが、そのマグマの熱が極まると火山が噴火し、マグマが流れ出ます。
そのマグマも時間が経つと冷えて固まり、黒くて硬い岩に転化します。

内臓の細胞も、働き過ぎると熱を帯び(内熱)、その熱は、熱の性質で上に上がり(風呂のお湯は上が熱い)、頭痛や肩こりを起こします。
中学生くらいだと、頬や額にニキビが出来ますが、これもその自己防衛反応でして、顔に上がった熱を、ニキビとして皮膚から放出させて身体を守っているのです。

大人になると、熱を上に上げるエネルギーが減るので、胸の間や背中に吹き出物が出来たりします。
もっと年を取ると、皮膚から熱を放出させることすら出来なくなり、細胞の熱はそのままそこで冷えて固まってしまう。
「それが癌である」と・・・。癌にならないまでも、腫瘍やポリープで済む場合もありますが。

皮膚に出来物ができて、内臓にできないことはないのですね。

このように、内熱というのは、結構厄介なので、なるべく溜まらないように食事や生活習慣で気をつけるべきですが、溜まっている人が多いのも事実。

そこで、更年期にホットフラッシュを起こして、内熱の一斉放出が起きる訳です。
身体の大掃除とでもいいましょうか。
ですので、悪いどころか、本当は感謝してもいい現象なのですね。

身体に起こる全ての現象は、訳があって起きている。のですね。

かといって、ホットフラッシュも厄介だし、それが起きるということは、それだけ内熱が溜まっている証拠ですから、それなりの対処が必要になります。

長くなりましたので、今回はここまで。





スポンサーサイト

フェイシャルスライドカッピングの威力!!

どうも小川(妻)です。皆さま、連休を楽しんでいらっしゃいますか?
疲れたら妙蓮にお越しやす~。

さて!! フェイシャルスライドカッピングでございます。
お客様から掲載の許可を頂いたので、早速投稿!!

ご覧ください、この違い!!


80.jpg


フェイスライン、頬、額、首、凄い違いがわかりませんか?
通常のフェイシャルでも、お顔の変化はありますが、ここまでハッキリと違いが出るのは

スライドカッピングならでは!!

今月末まで、フェイシャルスライドカッピング、1000円を

半額の500円

でご利用頂けます。
論より証拠。ぜひお試しください!!

オプションメニューなので、必ずフェイシャルコースと合わせてご利用ください!!



今日の戯言

久しぶりに戯言を垂れてみたくなりました。

さて、今回は小川(妻)が大好きな映画をご紹介したいと思います。
「そんなん知ってもねぇ。」なんてつれないことを言わないでぇん。
暫しお付き合いを・・・。

さて、古い映画になりますが、1番好きな映画は、ダントツで

「男たちの挽歌」でございます。

チャイニーズマフィアの映画ですが、これに出演している「チョウ・ユンファ」が物凄いカッコイイ!!
当時、この映画を観て、「男には行かなきゃいけない時があるんだ」と、女子高生なのに、胸を熱くしたのを昨日のように覚えております。

有名な映画、「レオン」の監督、「リュック・ベッソン」は、この映画を観て、チョウ・ユンファのアクションシーンを真似たと言われております。「レオン」も大好き。

すごい古臭いですが、あんな男の生き様に憧れたのでございます。
当時、大ヒットしまして、「男たちの挽歌2」も出ましたし、その後チョウ・ユンファ主演のマフィア映画が多く出ました。
むさぼるように観ましたが、やはり「挽歌シリーズ」が一番。

DVD買っちゃいましたよ、1と2。


そして、次に好きなのが、「ストリート・オブ・ファイヤー」でございます。どちらも似たような作品ですね。面目ない(笑)。

これまた古い映画で、1984年の作品でございます。
ざっくりあらすじを説明しますと、「元カノを助けに行く話」でございます。

元カノ役は「ダイアン・レイン」その元カレ役は「マイケル・パレ」。
そして悪役の「ウィレム・デフォー」。

この「ウィレム・デフォー」が、うちの夫に似てるwwwww
小川(夫)は、「デフォー面」なのですwww
色白で爬虫類的な感じが似てるwww


姪に似てるか聞いたら爆笑して、「超似てる~~~~!!」と申しておりました。興味のある方は検索してみてください。因みに、この役の「デフォー」に似ているので、現在の渋い「デフォー」ではございません。
「ストリート・オブ・ファイヤー ウィレム・デフォー」で検索よ♪


この映画も同じく、「男には行かなきゃいけない時があるんだ」と、学んだ少女時代の小川(妻)でありますが、また違う意味での「行かなきゃいけない」でして、これが切ないのですよ。でもカッコイイ!!
私もマイケル・パレになりたいwww

この2作品は、私の人格形成に影響を与えたようです。
女で子供なのに、女子供が好むモノには興味を示さなかったタイプの小川(妻)。

「潔く生きる」そんなメッセージを、この2作品から学んだ次第でございます。

是非、ご興味を持った方に観て頂きたい!!













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR