肝火上炎



暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
「暑くて死んじゃう~~~」なんて子供の頃、よく言ってましたが、冗談ではない時代、私も地球も歳をとったのでしょう。

さて、今月から始めました「スライドカッピング」早速ご利用頂いておりまして、なかなかご好評頂いております。

冷房で身体が冷える上に、冷たい飲み物や食べ物が美味しい時期でございます。
涼しい部屋で食べるアイス、なんとも幸せでございますが、余分な脂肪を蓄える原因の一つであることは確かでございます。

ちょっと話を脱線させますが、子供の頃に大好きだったアイスで「BOB」ってあったのご存じの方いらっしゃいます?
棒アイスなのですが、バナナ味とイチゴ味の2種類あって、チョコレートがコーティングしてあるアイス・・・。

あれ、もう一度食べたかったなぁ。

って、ノスタルジックな思いに浸ってみました。


肝火上炎の話を書くつもりでしたが、なんか昔の事を思い出してきた。
もっと脱線しちゃおうかな。

幼き頃は、いわゆる「駄菓子屋」が、あちこちにあった時代。勉強もせず、外で遊びまくっていたアタシ・・・。
母親が、小銭の入った財布を、子供の手の届かない柱の高い位置に下げていたのを、見事にクスねていたアタシ・・・。

うちは両親が共稼ぎだったので、小2くらいから「鍵っ子」でした。
最近の子に鍵っ子ってわかるのかな?

友達と一緒に学校から帰ってきて、家に寄って荷物を置いたあと、誰もいない家に鍵をかけて友達のおうちに向かうのですが、なんとなく子供心に家を留守にするということが心配だったある日、私は鍵をかけながら、周りに聞こえるように大きめの声で、嘘の情報を流してみました。

「うちには強いお兄ちゃんがいるから泥棒が入ってもへっちゃら!」みたいなことを、一緒にいた友達に言ってみたのです。勿論、うちには兄なんていないことを知っている友達は、子供なりの泥棒対策だとすぐに察知し、話を合わせてこう言ってくれました。

「そうだよね!だって妙ちゃんのお兄ちゃんは、お相撲さんだもんね!」と・・・。


これには、流石に閉口したアタシ・・・。


その時は、「それは嘘だってバレるだろ!よりによって相撲取りというチョイス!なんてことだ!」
と、ドキドキしながら家を後にしたのでした。

懐かしいなぁ・・・。元気かなぁ、ヒロミちゃん・・・。

脱線した話が長くなったので、肝火上炎のお話は次回に・・・。

















スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR