大根

先日、お客様から大根を頂きました。
お客様が大切に育てた大根。
この野菜が高い時期に大変有難いです。

その大根をサラダにして頂いたのですが、大根を食べた後のオシッコって、大根臭くありません?
調べたらこれ、「イソチオシアネート」っていう成分なんですって。

しかも「ガン予防」に効果があるとか、「殺菌作用がある」とか・・・。
刺身のツマで大根が添えられてるのは、その理由だったのですね。

中医学的に大根は、「肺」に良い食べ物とされております。
「白くて少し辛味のある食べ物」が、肺に良いとされておりまして、アレルギー性の鼻炎や皮膚炎、喘息、気管支が弱い、便秘、むくみ、などの症状がある方は食すと良いとされております。

因みに私は鼻炎ですが、鼻炎は「肺と腎の衰え」が原因とされております。
特に「呼気は肺」「吸気は腎」とされ、私は吐き出す力が弱いので、特に肺の方が弱いようです。

肺は、キレイな空気(精気)を吸って、身体を巡って汚れた空気(濁気)を出すことにより、身体を正常に保っています。
この働きが失調すると様々な症状が出てきます。

「皮膚」も、中医学では肺に属しまして、肺の弱い私は、寒い季節になると肌が痒くなり、掻くと湿疹が出来たりします。

呼気が弱い私は皮膚呼吸も同じく、毛穴から濁気を吐き出す力が弱いので、吐き出せない濁気が皮下で溜まり、湿気となって「かゆみ」として表れ、掻くことによって皮下から湿気を出そうとして、湿疹になります。

しかし、これはまだ病状が浅いので、身体の表面に表れますが、病状が深くなると「喘息」などの病気に変わります。
鼻炎や湿疹で済んでるうちは、まだマシなのです。

「大腸」は、肺と主従関係にあり、肺が悪いと大腸に影響が出ることがあります。
以前、私は酷い便秘でしたが、現在は治りました。が、体質的に便秘になりやすい傾向にあります。

肺が弱い人は、「背中の上部の毛が濃い」傾向にあります。
私は、小さい頃から「うなじから背中」にかけての毛が濃く、床屋のおじさんに「お嬢ちゃん毛深いねぇ~~」と言われたことがあります。

そして私の母は、喘息でリウマチです。腎臓も一つ摘出しています。
母の母も、若くして腎臓の病で亡くなったそうです。

生まれ持っての「肺と腎の弱い家系」のようです。
無防備に生きていたら、私もそうなっていたかもしれません。
大根食べて、養生しようっと!!

色白で、背中が毛深く(もしくは胸毛がある)、便秘がちで、湿疹が出やすく、鼻炎や鼻詰まりがあり、鼻や頬に吹き出物が出来やすく、咳や痰がよく出る人は、肺が弱いということになります。

大根の他に、肺を滋養する食べ物は、りんご、じゃがいも、キャベツ、玉葱、梨、ネギ、ニンニク、白ごまなどで~す。
思い当たる方は、是非とも積極的に食べましょう~~~♪



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR