FC2ブログ

懺悔します・・・。

寒暖差の激しい今月、皆さま体調など崩されてはいらっしゃいませんか?



唐突ですが、私は心配性でございます。
心配事で夜に眠れないことがよくあります。

生まれつき「腎」が弱い傾向なのもありますが、幼き頃からの夜更かしで、より一層「腎」を痛めたのもあると思います。
「腎」が弱いと性格的に「不安と恐れ」が強い傾向にあります。
なので、揚げ物の油が跳ねるのを、極度に恐れながら料理しますし、風船をふくらますのも怖いです。


そんなビビリな私・・・。
先日も心配事で、寝付けない夜がありました。

こんな時、困った時ばっかり、神頼み的な事を思うのでございます。
自分でも「調子のいいヤツの頼みなんて聞いてくれないかも」なんて思いつつ、ふと、急に子供の頃の思い出がよみがえりました。



それは小学2年生の時。
クラスメイトの「ミナコちゃん」と遊んでいた時のこと。

当時、駄菓子屋が近所にあって、私達は「ガチャガチャ」をしていました。
昨今では「ガチャポン」と言うらしく、200円くらいのようですが、その頃は確か20円だったと思います。
オモチャも、今とは比べ物にならないくらい、くだらない物でした。
字を消すことなどできない景品「スーパーカー消しゴム」で、男子がよく遊んでいた時代でございます。


さて、私とミナコちゃんは、当時ガチャガチャの中でも憧れ的な存在だった「香水」を当てたかったのでございます。
薄汚れたエンジ色のガチャガチャの機械の中に、ほんの数個だけ入っている「香水」。小さな小瓶に入った、その「香水」なるものに、幼き二人は胸を躍らせたのでございます。

がしかし、何回やっても出てくるのは、ハズレのオモチャばかり・・・。
どうしても香水を手にしたかった私達は、少ないお小遣いを見つめ、うなだれておりました。

と、そこでミナコちゃんが突然、こう言ったのでございます。



ミ「イエス様に祈ろう!」


私「!!!???」


キリスト教など知りもしなかった幼き私に、ミナコちゃんは続けてこう言いました。


ミ「日曜学校で言ってた。本当に心から祈れば、イエス様が願いを叶えてくれるって!」


・・・。 ミナコ氏は、敬虔な(?)クリスチャンだったのでした。



私「わかった祈る!心から祈るんだね!!」 


そう言って、もう額から汗が出るくらい、それはそれは真剣にイエス様に祈ったのでございます(爆笑)

私「イエス様、どうか、どうか香水を当ててください!!」




あんなに真剣に祈ったのは、あの時が一番でしょう。
心から祈れば願いを叶えてくれる!! 
なんて便利なことを、ミナコちゃんは知っているんだ!スゴイ!
お友達で良かった!! と思ったものでございます。




いま思えば神への冒涜!! なんて罰当たりな・・・。
イエス様に、ガチャガチャの景品をお願いするなんて・・・。
知らないって怖いというか、子供ですからね、仕方ありませんが・・・。

そんな事を急に思い出し、深夜に一人で大笑いをしたのでございます。
目的の香水を手にしたかは覚えてないので、多分当たらなかったのでしょう。

イエス様は、そんなに甘くないのです。

イエス様、あの時は子供といえど、申し訳ございませんでした。
どうかお許しください・・・。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR