ブルーベリー酵素

最近、ブログの内容が酵素の話題ばかりの小川(妻)でございます。


さて、ブルーベリーの酵素を仕込みました。

自宅から車で10分ほどの場所にあるブルーベリー農園に行って参りました。

15buru.jpg


ブルーベリーを摘むなんて、初めての体験である小川(妻)は、経験者のアドバイスに基づき、万全の対策で行った次第でございます。

腰に蚊取り線香をぶら下げ、タオルを頭に被った上から、TVショッピングで買った、あの溶接工ばりの黒いサンバイザーを被りまして、100円ショップで買ったバケツに、ビニール紐を付けて首から下げ、長袖にモンペ姿でブルーベリー狩りに挑みました。

一緒に行ったお客様のM様は、その姿でオヤジのようにタオルで汗を拭う私に、心なしか引いていた気が・・・。

ちなみにバケツは持参しなくても、農園の方で取っ手のついたビニール袋が用意されています。

が、3kgの収穫を目的にしていた小川(妻)は、女子供みたいに片手でチマチマ摘まないのです。いかに短時間で多く摘み取るか、本気なのです!

本気と書いてマジと読む!! なのでございます。


しかし、そんな小川(妻)は、暑い中での労働など「精神と体力」が試されるようなことに関しては、全く自信がない根性なしなのですが、思っていたより頑張れました。

ブルーベリーは「目」に良いとのことで、最近気になってきた「老眼」を防止したいという思いで「一心不乱」にブルーベリーをむさぼり取ったのであります。

と、申しますのも、インコのちぃちゃんを顔に近づけて見たいのですが、最近少し距離を離さないと、ちぃちゃんの顔がボケてしまうという悲しい現実が突き付けられつつある、小川(妻)なのであります・・・。

以前は見えていたであろう距離でボケる気がしておりまして、なんとかこの状態を食い止めたいのでございます。



そして、ちぃちゃんを思いながら摘んだブルーベリー、なんと約2時間で6kg弱を摘みました!!!

ぶる10

この根性なしの妻が、汗を流し、虫と戦い、蚊取り線香の煙にむせながら摘んだブルーベリー・・・。

これで老眼を克服して、近距離で ちぃちゃんと見つめ合うのだ!!
待ってろ ちいた~~~!!!




で、早速自宅に帰って仕込み開始。


非常に面倒だったのは、摘んだ時に混入した果実以外の物の除去でした。

黙々と茎や葉っぱを取り除く小川(妻)・・・。

いつになく真剣な妻の姿を不思議に思ったのか、ちぃちゃんも肩に乗って一緒にブルーベリーを見下ろす・・・。

と、その中にデカイ カナブン が!!

妻の悲鳴と共に、逃げるちぃちゃん・・・。

3cmはあろうかのカナブン先生は、金色のテカリを放ちながら、必死にブルーベリーにしがみついていました。
なんか意地悪したくなって、掴んでいるブルーベリーを奪おうとしてみましたが、断固として離さない♪

そのまま外に解放してやりました・・・。




と、なんだかんだで仕込んだブルーベリー。

ブル10

爪の間が紫色になるし、指紋の間も紫色・・・。

こんな苦労して作った酵素・・・。

老眼、よくしてくれなきゃ許しませんよ・・・。


「目」に良いというブルーベリーですが、中医学的に考えて「肝」や「腎」に良いらしいので、それも期待しております♪

ちい20















スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR