FC2ブログ

花粉症は漢方が一番



花粉飛び散る今日この頃、みなさん元気に鼻を垂らしていらっしゃいますか?

小川(妻)は、秋の酵素で鼻炎を治してやる! と、意気込んでいましたが、残念ながらまだ効果は出ておりません・・・。
もっと時間がかかるのか、それとも秋の酵素では私の鼻炎は治らないのか・・・。

てゆーか、鼻炎が治らない一番の原因は、自分でも薄々気づいておりまして・・・。

小川(妻)、毎日インコのちぃちゃんの匂いを嗅いでおります・・・。

あの香しい魅惑の香りに、身も心も癒されまくりなのでございます。
時々、思いっきり鼻や唇を突かれるので、ビビりながらも「嗅いでいないフリをして、しっかり嗅ぐ」という技を身につけた次第でございます。


これは、子供の頃からの癖でして、猫を飼っていた時も、猫の額に鼻をつけて匂いを吸っていました。
それが原因なのか、動物アレルギーになりまして、ダメだとわかっているのに、嗅がずにはいられないという、愚か者でございます。

それなのかなぁ・・・。 でも夏は調子いいんだよなぁ・・・。

で、小川(妻)、前回もお伝えした通り、漢方にハマッておりますので、今は漢方で調子がいいのです。

今、服用しているのは、「小青龍湯」でございます。
薬局にも置いてある、花粉症のポピュラーな漢方です。

しか~し、実を言うと小川(妻)には、小青竜湯よりも「葛根湯加川キュウ辛夷」の方が効き目がよかったのです。

始めに葛根湯を飲んで鼻の調子がよかったので、鼻炎系の漢方「葛根湯加川キュウ辛夷」を試したら、すごくよかったのですが、前回おススメした本に「小青竜湯がいい」と書いてあったので、試しに飲んでみたのです。

確かに効き目はありますが、私には「葛根湯加川キュウ辛夷」の方がより効き目があったように思います。

小川(妻)の場合は、花粉症というよりも「寒いと鼻の調子が悪くなるタイプ」なので、葛根湯加川キュウ辛夷の方が効き目が良いように思います。

一日3回の服用となっていますが、飲み始めは鼻がグズったらすぐに飲んでいます。
なので一日5~6回の服用になりますが、漢方の場合は飲む時間をあけなくても、一回に2包飲んでも問題はないそうです。

詳しくは、おススメした本を読んで頂ければと思いますが、自己責任でお願いします。

因みに、葛根湯加川キュウ辛夷も薬局に置いてありますが、小川(妻)は、ネットで漢方を購入しております。
先日、夫の楽天ポイントで漢方を2箱買いました。 あはは♪

薬局に置いてある漢方は、10包ほどの少量なので、すぐに飲み終えてしまいます。
とりあえず、自分に合っているかどうかを試してみるのにいいかと思います。



西洋の鼻炎のお薬は、のどが渇いたり、眠くなったりするものがありますが、漢方は副作用がないので、安心して飲んでいます。しかも、私の場合は、むくみや肌の痒みにも変化がありましたので、漢方様様なのでございます。

小川(妻)は、朝起きた時に襲ってくる「モーニングアタック」に備えて、枕元に漢方と水をセットして就寝します。
起きたらすぐに飲むのです!!
小青竜湯が飲み終わったら葛根湯加川キュウ辛夷に戻そうっと。

花粉症や鼻炎でお悩みの方、ぜひ漢方をおススメします♪

10.jpg

このニオイたまんねぇ~~~🎶










スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR