霊視


「信じるか、信じないかは貴方しだいです!」

どうも小川(妻)です。

先日、10年以上ぶりに霊視の先生に会いに行きました。
もうこの時点で、「怪しい・・・。」と思われる方はいらっしゃると思いますが、あたくし小川(妻)は、スピリチュアルなことを信じているタイプでございます。

霊視できる先生が、自分の守護霊が話すことを通訳してくださるのですが、最近ではこの手の詐欺が増えているようで、インチキなテクニックで相談に来た人を依存させて、金をむしり取るそうです。

先生はそのような不正が出来ないような工夫をしてお話をしてくださいます。

久しぶりに伺ったのですが、以前見て頂いた時よりも、先生の能力がパワーアップしているように思いました。

実をいうと、そのような霊力は時間と共に衰えてくる方も多いと聞いておりましたし、正直あまり期待しないで行ったのですが、あまりにも自分の心を見抜かれておりまして、「参りました<(_ _)>」と、心の中でひれ伏す小川(妻)なのでした。

相談内容は公表しませんが、今回本当に驚いたのは、私さえ知らない数字的なことを、当然のように言い当てられまして、帰宅して確認したらばその通りでして・・・。

数字のように答えが明確な問題を、なんの躊躇もなく言えるって、相当な自信がないと言えないと思うのですが、先生の場合は、自信があるというより、会話の流れで普通のことのようにサラリと言ってまして・・・。

あっぱれ! でございます。


当然のことですが、相談したからと言って問題が解決した訳ではありませんが、これからのことを決める判断材料にはなる訳で、大変参考になる訳でございます。

人生の動きをつけるのに「いい時期」というのもあると思いますし、それまで何をするべきかなどなど、とっ散らかってた心の整理もつきまして、大変感謝感謝なのでございます。



以前、先生に見て頂いた時も、私にとっては切り替わりの時期だったようで、これをきっかけに私の価値観がガラッと変わり、今に至るわけです。

今、思えば主人との出会いの時期もピタリと当たってましたし、先生のというか、守護霊のお話を参考にして本当に良かったと思っております。

多分、あの時に自分を見直してなかったら、今頃の私はまだ独身で、以前いた職場にも居ずらくなって、ささくれだった人生を送っていたのではないかと思います。
というか、すでにその頃はささくれだった人生でしたし、「やさぐれてた時代」でございました。

先生のお話、いや守護霊のアドバイスを聞いて、改めて真剣に自分の人生と向き合って考えた結果、勤めていた会社を辞めて、人生のシフトチェンジをした次第でございます。

辞めてから数か月した頃に、元いた会社の先輩方から相談を受けたのですが、やはりみなさん社内での存在価値を考えさせられる状況に追いやられていたようで、転職しようか、それとも何か他のスキルを身につけようかと迷っていらっしゃいました。しかもその先輩達は、そこの会社で、とても活躍されてた方々です。会社の為に神経をすり減らし、良い結果を残しても、年齢だとか、給料などの問題で、いつかは「厄介者」に扱われてしまうのですね。

悲しい現実ですが、そんな方々を多く見てまいりました。

いづれにしても、「生きるって大変!!」なことに変わりはございませんが、時には誰かの意見を参考の一つにしてみるのもいいのではないでしょうか?

私はそんな時に、「守護霊の意見」を参考にするのでございます。
めっちゃ心強い相談相手でございます。







スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR