断食7日目


梅雨に入りましたね。
どうも小川(妻)でございます。

実は、あたくし・・・。
自分の基本体重より、7キロ増えまして・・・。
只今、断食中でございます。

今日で7日目・・・。

前にも言いましたが、断食の目的は「内臓を休ませる」ことでありまして、ダイエット目的ですると、思わぬトラブルが起こる場合もあると聞きます。

が、今回はダイエットも兼ねての断食を試みております。
断食の他に、1時間のウォーキングと筋トレを、サボりつつも続けております。

食べてる時より体の動きがいいし、頭も冴えてしまう小川(妻)・・・。
実は仕事も断食中の方が疲れない・・・。

消化することにエネルギーを使わずに済む分、普段より体はラクなのです。

今回はどれくらい続けようかな? とりあえず目標は、復食も合わせて1ケ月くらいはしたいと思うのですが、飽きたらやめよっと・・・。

断食は何度もしているので慣れてはいるのですが、今回は3日を過ぎても
空腹を感じております。

いつもは3日も過ぎると空腹感がなくなるのですが、なぜでしょうか?食べ物に対する執着が強くなったのか?「餓鬼(ガキ)」にでもなってしまったのか・・・。

「餓鬼」をウィキペディアで調べると「生前において強欲で嫉妬深く、物惜しく、常に貪りの心や行為をした人が死んで生まれ変わる世界。」

と、あります。

「餓鬼」というと思い出すお話・・・。

師匠が授業で話してくれたお話で、「目連という神通力に優れたお坊さんの亡き母が、餓鬼界に落ちてしまい、母を救う為に、他の僧侶に食べ物を施したのが、お盆の始まり」というお話・・・。

超ざっくりの要点だけつまんだ話にしましたが、師匠はこの話の中で

「目連はね、凄く修行して立派なお坊さんなんだけどね、お母さんは生前凄くケチだったの。自分の家族のことしか大事にしない、他の人を押しのけて意地悪だったから、餓鬼になっちゃってね、目連が神通力でお母さんに食べ物送っても、食べようとすると、食べ物が火に変わっちゃったり、飲み物も喉で火に変わっちゃってアツイアツイってなっちゃうの。」

と、中国人なまりの日本語で語ってくれました。

小川(妻)は、その話を聞いてちょっと怖くなるという、とても素直な心根の持ち主なのでありました。

ウィキペディアにも書いてありましたが、餓鬼の絵を見ると、ガリガリなのに下っ腹だけぷっくり出ている・・・。これを、クワシオルコルというそうですが、なんか自分の体形に似ているような・・・。

決してガリガリではないが、下っ腹の膨らみは、生まれてからずっと出ている小川(妻)・・・。

餓鬼界に落ちないように、精進せなばなりません・・・。













スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR