FC2ブログ

春は思いっきり泣こう!!

寒暖差が激しくて、身体がついていきません。
順調に老いを感じる今日この頃でございますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

さて、毎年この時期に申しております、「春は肝がグズる季節」の件でございますが、また今年もこの件に触れてみようと思います。
五行説では、肝は春に属しまして、情緒を主ると言われております。
春は暖かいようで、実際は結構寒い時期でもあります。
入学や就職、転勤、引っ越しなど、生活環境が変化する時期でもあり、嬉しい反面、不安な事も多いのが実情だと思います。
こんな時期は、気分の浮き沈みや、体調不良を起こしやすく、心身ともに不安定になりやすいのでございます。

そして、中医学では「肝は目に開竅する」と言われまして、肝は目に繋がっていると考えられております。
目の病気の元は肝にあるという考えです。白内障も肝の熱が目に伝わって、たんぱく質である水晶体が固まって起こる病気ということです。(ざっくり言って)。

さて、こんな気分も乗らない、体調もイマイチな時期。
肝の気の流れをよくする方法として、「思いっきり泣く!!」というのはいかがでしょう。
肝は目に開竅しているので、涙を流すことによって、肝をスッキリさせるのでございます。

手っ取り早いのは、感動する映画を観るのがおススメです。
と、ここで、それなりに映画好きの私ですが、泣ける映画としておススメできるものを考えてみたのですが、思い浮かびませんでした(笑)。

というのも、以前紹介した、一番好きな映画の「男たちの挽歌」が、個人的には泣けたのですが、きっと健全な女性の感覚をお持ちの方には、共感して頂けないと思いまして・・・。

で、他に号泣した記憶があるのは映画ではなく、「花田少年史」というアニメでした。
私がデパートで化粧品を売っていた頃(前職)、心身ともに疲弊して深夜帰宅してTVを付けた時に流れていた番組でございました。「なんで深夜に漫画が?」と不思議に思ったのですが、風呂上りの髪を乾かしながら、なんとなく見ていたのですが、これが凄い感動する内容でございました。

ざっくり説明ですが、昭和30年くらいのお話でしょうかね?、ガキ大将の「いちろ」という名の少年が、交通事故をきっかけに、幽霊が見えてしまう体質になり、成仏できない霊たちのお手伝いをするお話ですが、これが実に感動なのでありました。

特に私が声を上げて泣いたのが、「走れメロン」の回。号泣しちゃって、次の日は目が腫れて腫れて大変でした。
恐らくツタヤなどでレンタルしてると思いますが、DVDを持っているので、ご覧になりたい方はお貸しいたします。
もちろん無料ですが、借りパクはなしですよ! 騙されたと思って一度ご覧頂きたい!!

それと、映画ではありませんが、小説で泣いたのが、伊坂幸太郎の「死神の精度」です。
伊坂幸太郎先生の作品が好きで、色々読みましたが、中でもこれが一番好きです。
映画にもなりましたが、やっぱり小説がいい!! これも持ってますので、ご希望の方はお貸し致します。
恐らく、「泣くほどでもない」と言われそうですが、「まだ持ってたのか~~」と、思う所があるのですが、そこで号泣してしまいました。ネタばれになるので、内容は明かしませんが、話の最後の方に出てきます。

あと、泣いた小説として浅田次郎先生の「ラブ・レター」です。
「鉄道員(ぽっぽや)」の大ブームが去った頃に読みました。
当時、茨城県の取手まで一週間ほど通う仕事がありまして、長い車中で読もうと購入したのですが、内容を知らずに買ったので、非常に後悔しました。電車の中で読んではいけない本でした。

私は一人、涙と鼻水を垂らしながら、電車で読んだものです。
映画化もドラマにも何度かなりましたが、私は中井貴一さん主演の映画版が感動しました。
夫が中井貴一ファンで、このことを話したらどうしても観たいと申しまして、DVD化されてなかったので、VHSをわざわざ買って観ました。しかもね、この小説で「白蘭(パイラン)」という中国人女性と「吾郎」役の中井貴一が偽装結婚をするのですが、中井さんが実際に飼っている白い犬に、この「白蘭」という名前をつけてらしたのですよ!! それだけ、中井さんにも思い入れのある作品だったのではないかと、夫婦で勝手に想像したのでございます。

それと、お客様からお借りした小説で、沼田まほかる先生の「猫鳴り」。
沼田先生の小説は、少々刺激的で心をえぐられる作品が多いように思うのですが、なにしろ「元、僧侶」の方が描いた作品ですから、死生観が現れる内容でして、深く共感しました。ただ、読んでてツライ・・・。しかし、一気に読み上げてしまった小説でした。
動物好きの方、愛するペットとの別れを経験した方は、涙なしには読めない内容と思います。もうず~~と泣きっぱなし。

小説や映画の好き嫌いは、個人差がかなりあると思いますが、是非一度、ご覧頂きたい作品達です。
皆さんは、どんな作品で泣きましたか? おススメがあったら、是非ぜひぜひ!教えてください!!

因みに私は「動物ネタ」に弱いです。古い女なので、昔の作品ばかりですが、「南極物語」は、怖くて観ていません。
あえて避けてきました。雪の中でワン君達が死んでいくシーンなんて想像しただけでも耐えられません!!
きっとぬいぐるみを使って撮影したのでしょうが、そういったシーンで「あれは布製の犬!あれは布製の犬!!」と、自分に言い聞かせながら観るのだろうと思うと、どうにも観る勇気が出ないのです。

ともかく!!春は思いっきり泣いて、肝気を促そう~~~~!!!












箱根に行ってきました

先月末に連休を頂きまして、1泊の箱根温泉旅に行って参りました~。
姪と二人で行ってきましたが、二人共、基本的に出掛けるのが苦手なもので、本当に温泉に浸かってきただけの旅行といえないような旅行?でした。

当日は、少し暑いくらいの天候でして、桜も満開の良い時期でした。
新宿からロマンスカーで箱根湯本へ。
何しろ移動も楽でないと出掛けたくない出不精の叔母と姪・・・。
11時発の電車に、駅弁を買って乗り込むのでございました。

最近では有り難いことに、駅弁にも「菜食弁当」が販売されるようになりまして、こちらがそのお弁当でございます。
333.jpg
見た目も良いし、味も美味しいお弁当でございました。
本当に有り難い・・・。特に菜食主義ではない姪まで、同じ弁当が良いとのことで、二人で同じ物を食すのでございました。

12時30分頃に箱根に到着しまして、特に見物したい物もなく、お土産屋さんで食べられるものを物色。
箱根湯本は初めて来ましたが、いい感じに昭和な雰囲気の漂う、寂れた街でした。
恐らく、大抵の方は、彫刻の森や芦ノ湖などまで足を運んで観光するのでしょうが、何せ私達は、その様な物に全く関心がなく、美術や工芸品を鑑賞する豊かな心を持ち合わせておりませんので、宿のチェックインまでの時間潰しに、近場に咲いている桜を見ながらゆっくり散歩をすることに・・・。

323.jpg

宿の近くの橋から見た桜。
この後、近くの神社を3ケ所回って、待望の宿へ・・・。

555.jpg

その名も「養生館 はるのひかり」。コンセプトが「逗留湯治」なので、温泉と健康的な食事でくつろぐ宿でございます。
希望により菜食料理を提供してくださるお宿でございまして、基本は魚は出るものの、玄米菜食のお宿のようです。
温泉に常備してあるシャンプーも石鹸シャンプーという、私には有難い有難いお宿でございます。

古民家のような風情のある建物で、本当に静か・・・。
12歳以下のお子さんはご利用不可という所が、また私のお気に入りの一つでございます。

到着するなり、温泉に入って浴衣でゴロゴロしました。特に何をするわけでもなく、二人でそれぞれ好きなことをしながら、ダラダラと過ごし、夕飯へ・・・。

145.jpg

お宿の畑で採れた野菜を中心にした玄米菜食。これに湯葉と豆腐ができる鍋と、豆乳のキャラメルプリンが出ました。
デザートまでついて470kcal未満という、健康的な献立!!

男性には物足りないかもしれませんが、小食の姪には少し多いくらいでして、私にはちょうどよい満腹感。
腹八分目でございますよ。姪が食後に「ご飯食べた後なのに、気分が爽快」と申しておりました。
ヤツは普段、どんな物を食べているのでしょうか? しかし、これって結構あることと思うのです。

食後に胃がもたれるような感覚、私もよくあります。食べ過ぎて苦しかったり、食後にどんよりしたり・・・。
普段の食事を見直さなくてはと思いました。本来の体に必要な栄養を摂れば、そうそう変な病気にはならないのでしょうね。
やはり食べ過ぎなのですよ。しかも必要ない物ばかりを・・・。

玄米をよく噛んで、味わっていただくお夕飯は、至福の時でございました。
あぁ、また行きたいなぁ・・・。

そして翌日は、お土産だけ買って、早々に箱根を発ちました。しかも12時の電車で(笑)・・・。
ただ、泊まっただけの旅行。でも私達には十分満足なのでした。

自宅に着いたのは、15時!! まだチーちゃんと2時間も遊べる!!
夫に任せて一泊したのですが、私が帰るなり「チーチー!!」と呼び鳴くインコのチーちゃん・・・。
どこかインコと一緒に泊まれて、菜食料理を出してくれて、しかもリーズナブルな価格で、移動に2時間程度で行ける宿ってないですかね?

そんなこと言ってるヤツは、家でおとなしくしてろって感じですよね!! あははは~~~~。

しかし、今回の旅は、ノンストレスで、本人はとても満足でした。
渋滞にハマったり、移動が長くて疲れたり、満員電車に乗ることもなく、人混みに酔うこともなく、宿で騒がしいこともなく・・・。

朝食の時なんて、9時から食べ始めたので、周りのお客さんは私達だけで、お宿特製のハーブティーを飲みながら、木漏れ日が揺れるのをボーっと眺めておりました。とても癒されました。宿の名のごとく、「はるのひかり」でございました。

お金もないのに、「こんな別荘がほしいなぁ」と、思うのでございました。
私はこんな旅行が自分に合っているのだなぁと、実感した次第でございます。

しかし、こんな老夫婦が好みそうな旅を、高校生の姪が付き合ってくれたといいますか、彼女自身が「温泉に浸かりたい」と言ったのですが、それなりに楽しんでくれたのが嬉しい反面、私に似てしまったのではないかと、少々心配になった旅でございました。

華やかさはありませんでしたが、こんな侘び寂びの効いた旅も、なかなか良いものでございます。

養生館 はるのひかり

サクラの思い出

猛烈に花粉が飛んでいる気がする小川(妻)でございます。

アレルギー検査の10項目で、生理食塩水以外は全てアレルギー反応が出たという、アレルギー界のエリートな小川(妻)。
しかも、春より秋の方が症状が酷いという、アレルギー界の異端児な小川(妻)。

さて、桜の開花が始まっております。
草花を愛でるという情緒の欠落した私でも、桜は好きでして、月末に箱根まで小川(姪)と、一泊で花見がてら温泉に浸かって参ろうと予定しております。

皆さんも来週あたり、お花見に行かれる方も多いのではないでしょうか。

私も桜は見たいのですが、花見という名の飲み会が大嫌いでして、一度も参加したことはありません。
意外でしょ。

子供の頃、親戚と上野で花見をした時の思い出が最悪でした。
もの凄い混雑していて、うるさくて怖かったのです。

しかも、当時は「傷痍軍人」が道端に座っていた時代でした。
空き缶を前に置いて、ハーモニカを吹いていたその方の片腕はなく、足にも包帯を巻いていたように記憶しております。
子供心に、それはとても衝撃的で、でも何かしなくちゃいけない気がして、母にせがんで、すごいビビリながら空き缶に小銭を入れました。
今でもよく覚えています。

そんなこんなで、私にとって上野は恐怖の街に認定されてしまいました。

上野動物園に、ランランとカンカンを見に行った時も、物凄い人混みの中で、もみくちゃにされながら、ほんのちょこっとしかパンダが見れなかったこととか(しかも後ろ姿)、何しろ上野は「人混み」で嫌な思いをしたことが記憶に刷り込まれております。

今、確認したら、ランランとカンカンの一般公開は1972年だそうです。
当時、私は2歳と言う事になりますが、覚えておりますよ。
すごくないですか? 昨日の夕飯は思い出せませんが、2歳の記憶はあるのです(笑)。

って、桜の思い出が、上野の思い出に変わってしまいました(≧▽≦)!!

箱根から帰ってきましたら、写真付きでブログ書きま~~~す。

似てるかな?

近所の梅が綺麗に咲いてました。

2018031314560001.jpg

これって梅ですよね? 花とか木の種類、全然わからない小川(妻)でございます。

さて、昨今では「インターネット」なる物が、当然の様に普及されておりまして、当サロンもネット予約の先駆け、ホットペッパービューティーさんにお世話になっている次第でございます。

こちらのホットペッパービューティーの情報で、ほとんど用が足りてる状態でして、当サロンのHPを一時的にお休みする事に致しました。「一時的」とか言って、ずっとこのままの可能性が大なのですが、今の時代は無料でHPを作れて、しかもとてもセンスの良い物が作れるようなので、新たにHPを作る時は、その様な形で作るかもしれません。

このブログは継続致しますので、今後とも宜しくお願い致します。

という訳で、ホットペッパービューティーですが、サロンの情報の中に「スタッフ」というのがございまして、そこにサロンスタッフの写真を載せられるようになっております。

そこにこの度、小川(姪)が描いた私のイラストを載せてみました。
私がリクエストしたのは、「肩にチィちゃんを乗せて、ちょっとイタズラな感じで」と注文したのですが、想像と違い、「イタズラな感じ」というより、「意地悪な感じ」に仕上がりました(汗)。

これでも何度か修正してもらったのですが、小川(姪)の目に、私はこんな風に映っているのでしょう。

愛情って、うまく伝わらないものですね。

こちらでご覧ください。あははは~~~~。

私の顔

戦え!! 世の戦士たち!

花粉が飛び始めましたね。どうも小川(妻)でございます。

先日、久しぶりに、「関節が痛み出した」小川(妻)。

「これは高熱の予感!!」と、寝込むつもり満々だった次第でございます。

私は、菜食主義になる前は虚弱体質でして、冬の間ず~~~~~~~っと、風邪かインフルエンザで寝込んでおりました。
大体、月2回のペースで寝込んでおりましたから、高熱が出る時の、あの嫌な「節々の痛み」は、この体に刷り込まれているのでございます。

「懐かしい・・・。」そんな望郷にも似た思いを胸に、コマネチの部分の、何とも言えない痛みを味わうのでございました。
最後に寝込んだのは、確か保育園に通う姪のインフルエンザをもらった以来なので、10年以上前です。

しかし、考えてみたら、明後日は一日中、予約が埋まっているという珍しく嬉しい状況。
ゆっくり寝込んではいられないのでございました。
よって、この休日の一日で、完全に復活しなければならないのでした。

関節の節々が痛むのは、白血球がウイルスや細菌と戦っている証拠。
熱が出るのは、それらを殺す為であるので、これは「身体の自己防衛反応」なので、私はこれらを歓迎するのであります。

私の場合、私の場合ですが、間違ってもここで風邪薬を飲んで、症状を「抑え込む」ことはせず、逆に熱を上げ、早く決着をつけたいのでございます。

それにはまず、「葛根湯」で身体の中から熱を上げ、「温熱ドーム」で、身体の外から温め、発汗することで、体内の侵入者に対抗するのでございます。

小川(夫)は、温熱ドームは体力を消耗するから良くないと申しましたが、その時はまだ体力もあり、万全の状態で仕事に復帰したい気持ちがあったので、迷わずドームへ入りました。

するとどうでしょう!! あんなに浮腫んでいた顔面がスッキリし、関節痛も吹っ飛んだではありませんか!!

積極的にウイルスや菌と戦う方法の方が、後腐れないと思うのです。
症状を抑え込もうと、風邪薬や解熱剤を使用すると、いつまでも咳が出るだの、微熱が続くだのと、病後がパッとしないことが多いと思うのです。これは自分が試してきて実感したことでございます。

体調不良は、身体からのSOSであって、「休ませろ~~!!」というメッセージでございます。
本来は、がっつり寝込んで自然に発汗し、体内の汚れを出すのが理想です。

しかし、そうもできないのが現状。

「風邪で仕事を休む」というと、職場によっては「風邪くらいで」という人もいるでしょうし、「病院には行ったの?」と、病院に行かないといけないみたいな事をいう人もいるでしょう。

風邪が治る薬はないのですよ。いわゆる風邪薬というのは、炎症を抑えるものであって、風邪自体が治るものではありませんよね。

季節の変わり目ですので、この時期に風邪を引く人は、自己防衛反応が高い人です。
詳しくは以前のブログで↓
http://myoren.blog.fc2.com/blog-entry-17.html



皆さん、お勤めの方は、大変だと思います。
お子さんのいらっしゃる方や、何もしないご主人をお持ちの方も、具合が悪くても食事の支度や家事をしなくてはいけない方も、多いと思います。

そんな中で頑張る皆さんは健気で偉い!!
おりますぞ!ここに皆さんが頑張っていることを知っている小川(妻)が!

世の理不尽と戦う皆さん、風邪と戦う皆さんの味方でありたいと思う、小川(妻)でございました。





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR